猫 虫下し 飲む

駆虫薬・虫下しを与え方・投与方法で選ぶならどっち?

 

 

犬と猫の虫下しには、外用薬(スポットオンタイプ)と内服薬があります。

 

外用薬はプロフェンダーを除いた他の4種類は外部寄生虫も駆除できます。内服薬はパノラミスとコンフォティスプラス、(ここにはまだ載せていない)ネクスガードスペクトラが外部寄生虫(ノミ、マダニ)を駆除することができ、他の薬は線虫類、条虫類、原虫類を駆除します。

 

腸管内に寄生する虫を駆除する薬は、やはり内服薬の方が数が多いですね。

 

外用薬

内服薬

 

アドボケート

アドボケートのページを見てみる

ストロングホールド

ストロングホールドのページを見てみる

プロフェンダースポットオン

プロフェンダーのページを見てみる

レボリューション

レボリューションのページを見てみる

ブロードラインのページを見てみる

 

インターセプター

インターセプターのページを見てみる

キウォフプラス

キウォフプラスのページを見てみる

ドロンタールプラス

ドロンタールプラスのページを見てみる

パノラミス

パノラミスのページを見てみる

フラジール

フラジールのページを見てみる

メトロジール

メトロジールのページを見てみる

コンフォティスプラスのページを見てみる

ミルベマックスのページを見てみる

メトロニダゾールのページを見てみる

パナクールオーラルペーストのページを見てみる

 

 

駆除したいお腹の虫(回虫・ジアルジア・条虫)で選ぶ虫下し

犬猫用虫下しの成分は?成分で選ぶ駆虫薬