犬 駆虫薬

犬猫用虫下しの成分は?成分で選ぶ駆虫薬

 

 

表をご覧いただくとお分かりのように、駆虫薬で使われている成分は商品によって異なります。

 

線虫類(犬糸状虫;フィラリア、回虫、鞭虫、鉤虫、肺虫)に効果のある成分と、条虫類(瓜実条虫、多包条虫;エキノコッカス)に効果のある成分を配合している薬や、いくつもの寄生虫に効果のある成分一つだけの薬、また、メトロニダゾールのように原虫だけに効果のある成分だけを有している薬など様々です。

 

特定の成分が体に合わない犬や猫もいますから、どの薬にどんな成分が使われているか知っておくと、薬の選択も迷わないで済むかと思います。

 

線虫類に効く成分

モキシデクチン、  ミルベマイシンオキシム、  パモ酸ピランテル、  フェバンテル(鞭虫)、
エモデプシド、  エプリノメクチン、  フェンベンダゾール

 

条虫類に効く成分

プラジクアンテル

 

ノミやダニ類に効く成分

イミダクロプリド、  スピノサド、  フィプロニル、  S-メトプレン(ノミの変態・孵化抑制)

 

原虫に効く成分

メトロニダゾール、  フェンベンダゾール

 

線虫類およびノミなどの昆虫類に効く成分

セラメクチン

 

駆虫薬

成分

アドボケート

 

 

 

イミダクロプリド

Imidacloprid

 

 

モキシデクチン

Moxidectin

インターセプター

 

 

ミルベマイシンオキシム

Milbemycin Oxime

 

 

プラジクアンテル

Praziquantel

キウォフプラス

 

犬・猫 プラジクアンテル

Praziquantel

 

 

犬・猫 パモ酸ピランテル

Pyrantel Pamoate

 

 

犬 フェバンテル

Febantel

ストロングホールド

 

 

 

セラメクチン

Selamectin

パノラミス錠

 

 

スピノサド

Spinosad

 

 

ミルベマイシンオキシム

Milbemycin Oxime

  フラジール

 

 

 

 

 

メトロニダゾール

Metronidazole

プロフェンダー

 

プラジクアンテル

Praziquantel

 

 

エモデプシド

Emodepside

 

フィプロニル

Fipronil

(S)-メトプレン

(S)-Methoprene

プラジクアンテル

Praziquantel

エプリノメクチン

Eprinomectin

レボリューション

 

 

フェンベンダゾール

Fenbendazole