猫 お尻 白い虫

瓜実条虫ってどんな虫?

 

瓜実条虫(犬条虫;Dipylidium caninum

 

瓜実条虫は犬や猫の小腸に寄生する白くて平べったい、節が幾つも連なった構造をした寄生虫です。ノミを中間宿主とするので、感染する機会が多い寄生虫でもあるんです。

 

 

犬や猫の小腸内に寄生する瓜実条虫の写真

犬や猫の肛門周囲に米粒状もしくは瓜の実状のものを見つけたら、瓜実条虫の片節だと思ってください。

 

片節は 7×2〜3oの大きさで、糞便の中に入っているだけでなく、肛門から這い出して蛆虫や尺取虫のように動いています。見てるととても気持ち悪いですよ。

 

 

サナダムシに感染した犬や猫の症状の説明

 

瓜実条虫は犬や猫の小腸粘膜に吸着し、表皮から栄養分を吸収します。一般的に、健康な成犬や成猫だと無症状に経過するものが多いので、明瞭な症状を見ることは少ないのですが、瓜実条虫が多数寄生すると幼若個体や健康状態の悪い個体だと症状が現れてきます。

 

症状と言っても漠然としていて、元気なく抑うつ状態であるとか、食欲不振、栄養状態が悪い、削痩している、被毛の状態が悪い、嘔吐する、血便をするなどといった症状が見られます。

 

 

瓜実条虫の片節のその中には虫卵がたくさん入っています。片節一つ一つに雌雄の生殖器官が1組存在するので、片節一つで虫卵を形成することができます。なので、片節が蠕動運動することで周囲に虫卵がばらまかれ、汚染されることになってしまいます。

 

ノミは瓜実条虫の中間宿主なのですが、ノミの幼虫が瓜実条虫の卵を食べるので、ノミの体内で瓜実条虫が発育します。このノミは動きが鈍くなり犬や猫に捕食されやすくなるので、瓜実条虫は宿主である犬や猫に感染してしまうのです。

 

床をハイハイしている赤ちゃんはいろんなものに興味を持って口に持っていくことも多いので、気をつけてあげてくださいね。また、飼い猫や飼い犬についたノミを捕った時や捕る時も、ノミを潰さないようにしてください。

 

 

瓜実条虫の片節は、虫体の末端側から離脱して肛門から排出され、糞便と共に多数の片節が排出される他、片節自体が自ら動いて肛門から外へ出てきます。伸び縮みする白い米粒のような瓜の実状のようなものを見つけたり、犬がおしりを地面につけて前進する異常な行動が見られたら、瓜実条虫に寄生されています。そんな時は駆虫してあげてください。

 

条虫の駆虫は容易で、プラジクアンテル:praziquantelの経口投与でほとんどの条虫にほぼ確実な効果が得られます。また、飼い犬や飼いネコにノミダニ駆除薬を投薬するなどして、ノミの駆除も確実に行ってください。

 

 

瓜実条虫の卵の写真  サナダムシの虫卵

 

犬や猫の腸管内に寄生する虫について正しい知識を身につけませんか?

 

回虫・鉤虫・鞭虫・原虫のページを案内する女性

回虫

鉤虫

鞭虫

原虫