犬 アトピカ 副作用

アトピカ10r 超小型犬用 アトピカ25r 小型犬用 アトピカ50r 中型犬用 アトピカ100 大型犬用r

アトピカの副作用にはどんなものがあるの?アトピカの使用上の注意

 

 

アトピカの投与で見られる主な副作用は一過性の嘔吐(30.9%)や下痢(20.0%)などの胃腸障害です。アトピカは犬に軽度から中程度の食欲不振、嘔吐、粘液便、軟便、下痢などを誘発することがあるので、投与の際は慎重に行ってください。

 

また、歯肉が肥厚したり、耳介や肉球、皮膚にイボ状の病変、被毛の状態の変化、血清ALT値の上昇が見られることがあります。

 

シクロスポリンを犬に与えたら一過性の胃腸の機能障害が見られることも

 

アトピカを投与するに際しての注意点

アトピカを投与してはいけない犬

犬以外の動物

生後6か月齢未満の犬

体重が2s未満の犬

妊娠期間中・授乳期間中の雌犬

食物アレルギーの症例

季節性のアトピー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎を併発している場合

皮膚、全身等の感染症がある場合

糖尿病が疑われる犬

悪性腫瘍の症例

 

参考 : アトピカ 添付文書、アトピカ10rカプセル
アトピカ | エランコジャパン株式会社

 

関連ページ

犬用アトピカ
犬の免疫抑制剤であるアトピカはノバルティス社の薬です。ネットで薬を買うのは不安に思うかもしれませんが大丈夫です。犬用アトピカの正規品をどこよりも安く安全に購入することができますから。
アトピカの用法と用量
犬にアトピカを飲ませる時の用法と用量をしっかり守っていますか?アトピカはシクロスポリンを成分とする免疫抑制剤ですから、犬の体重1kgあたり5rを基準に飲ませてあげてくださいね。
猫用アトピカ
猫がいつもしきりに体を掻いている、舐めている、気にしている。そんな時は皮膚に何かしらの異常があるとわかりますが、猫の皮膚病の多くが寄生虫や細菌感染によるものです。猫の皮膚病でアレルギーを起因とするものは、アトピカで症状を改善してあげることができますよ。