飛びつき・引張り・ハードマウスの三拍子が揃った犬でも躾は可哀そう?

スポンサードリンク

飛びつき・引張り・ハードマウスの三拍子が揃った犬

 

 

嬉しくて飛びつく、誰かが食べ物を持っていたら欲しくてしつこく飛びついてくる、おやつをもらう時に人の手指まで一緒に口に入れんばかりに勢いよく食べにくる。リードに繋がれていても、必死になって飼い主を引っ張り自分の行きたい方向へいく。

 

 

これが全て揃った犬がいます。でも、飼い主は謝るだけで何もしません。「家では大人しいんだけど外だとこうなんです。」と言います。また、天真爛漫が犬らしくてかわいいと思っています。

 

 

あなたなら、このような犬をどう思いますか?犬というより飼い主が問題ですね。

 

 

全くの他人なら関わらなければ何の被害もありませんが、なまじ顔見知りだと、指摘したいけど言えなかったりします。例えどんなに可愛らしくても、躾がなっていない犬はただの害獣です。下手したら嫌われてしまって誰も近づいてこなくなってしまいます。家で良い子だろうと関係ありません。大事なのは外です。やりたい放題していては他人に迷惑をかけるだけですからね。

 

 

飛びつきは人の被服を汚すだけでなく、破ってしまうこともあります。おやつをもらう時に指までガブっと噛んでしまいそうな勢いで食べる(ことをハードマウスと言います)と、人に怪我をさせてしまいます。引っ張りは飼い主自身が大変なだけなので、近づいてこられない限り他の人は被害を受けませんが、見た目がよろしくありません。犬に散歩をさせられている、犬の好き放題にさせているように見えます。

 

 

この三拍子そろった犬はそれほど大きくはありません。20s前後の犬です。あなたならこの犬をどうしますか?ある程度年を取っているからもう躾するのは無理だと思いますか?それとも、時間がかかったとしても何とかこの問題行動を正したいと考えますか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

この犬は食べ物を前にした時にだけ、噛みついてくるように食べるのでまだましですが、他の犬や人に噛みつく本当の噛みつき犬は、躾や訓練をトレーナーに依頼しても断られたりすることがあります。犬の性格や飼われ方、躾けられ方で”その犬”が出来上がってきますが、自分の大事な可愛い愛犬が他人から受け入れられなかったり、実は陰で迷惑な犬と噂されているとを知ると悲しいと思いませんか?

 

 

「いや、別に他人からどう思われようと知ったことではない」と思う方なら、問題行動をそのままにしておけばいいでしょう。それはそれで幸せなことですから。

 

 

自分の愛犬の問題行動を正したいと思っているなら、何かしらの方法で犬を躾け直す必要があります。犬がそんな風になった原因は飼い主ですから、飼い主自身の考え方や犬の躾けの重要性を再度認識する必要もあります。たまに、「犬を(きっちりと)躾するのはかわいそう」と言う人がいます。躾をされていない犬はただの獣であり害獣であると思います。自分さえよければ他人には関係ないとの考えなら、家の外に出してはいけません。

 

 

犬の躾けをトレーナーや犬の訓練士に依頼するなら、飼い主自身も学ぶべきです。犬だけを預ける人任せだと、飼い主自身が犬の扱い方を知らないのでまた同じことを繰り返してしまいます。今は犬の躾け方を学ぶ方法はいくらでもあります。飼い主が自分で学ぶこともできます。知りたいのはそのテクニックですよね?

 

 

躾けに使う道具として便利なのがヘッドカラーです。犬の頭部に装着することで、引っ張りや飛びつきを止めさせることができます。食べ物を貰う時に噛みつかんばかりに食らいついてくる時はヘッドカラーは役に立ちませんが、そんな時は、歯が当たった時に「痛いっ!」と言って食べ物をやらず、歯が当たらないように食べた時だけご褒美として食べ物をあげるようにするといいですよ。

 

 

犬を散歩させていると、いろんな人に出会い知り合います。反面教師になりそうな飼い主とその犬が結構な数いるので、それを自分自身にどう活かすかは人それぞれですが、よその犬の迷惑行為が自分の犬にもあてはまるのであれば、自分自身と犬を正すのもいい機会だと思いませんか?