フィラリア予防 注射

年に一度の投与で長期間フィラリア予防できるフィラリア注射

 

犬のフィラリア予防を注射でするなら病院で

 

フィラリア予防が必要とされる期間は5月から12月までとされています。フィラリア予防薬といえば、ほとんどが飲ませるタイプですよね。アドボケートレボリューションストロングホールドブロードライン(猫用のみ)のように液剤を皮膚につける薬もありますが、これらのフィラリア薬は毎月投与する必要があります。

 

毎月同じ日にフィラリア薬を飲ませるのを忘れてしまいそう、その行為がめんどくさい、フィラリア薬をいくつも買うのが経済的に厳しいと感じる人は少なくありません。理由は人それぞれです。そこで便利なのがフィラリアの予防注射です。年に一度接種することでフィラリアを長期にわたり予防してくれます。これなら薬の投与を忘れることもありません。

 

 

注射ですから季節を問わずいつでも投与が可能なので、動物病院が込み合う春先を避けることもできるんです。たとえば注射用プロハート12(Zoetis JP)でしたら、1回の注射で1年フィラリアの予防効果が続きます。効果が1年も続くということは、冬でも蚊が見られるような地域にお住まいなら、「フィラリア予防をいつまで続ける必要があるのだろう」、といったことで頭を悩ますこともありません。

 

 

しかし、犬ならどの個体も注射できるかというと、そうでもないんです。まだまだこれからも成長が続くような子犬は打てません。成長しているってことは体が大きくなると同時に体重も増えていきます。成長過程にあるのにその時の体重に必要な量の薬を打ったとしても、極端な話、数か月後には薬が足りていないことになってしまうのです。

 

 

ですから、体重の変動がある成長の途中にある子犬に関しては、注射でなくフィラリア薬の服用もしくは外用となってしまいます。体重の増減が著しい犬も同様で、体重が増えてしまえばやはり必要量に達していないことになってしまいますからね。注射でフィラリア予防をするにしても、普通のフィラリア予防薬と変わりませんので、投薬前のフィラリア検査は必要です。フィラリア検査をしないでフィラリアの予防注射をする獣医師はいないはずですから、よく説明を受けてください。

注射用プロハート12添付文書

 

参考までに、3つの動物病院での料金を載せてみますね。

体重 A 動物病院 B 動物病院 C 動物病院
〜5.0kg 6,250円 6,000円 8,400円
5.0kg〜10.0kg 7,100円 9,000円 10,500円
10.0kg〜15.0kg 7,950円 12,000円 12,600円
15.0kg〜20.0kg 8,800円 15,000円 14,700円
20.0kg〜25.0kg 9,650円 18,000円 16,800円
25.0kg〜30.0kg 10,500円 20,000円 18,900円

 

同じ体重の範囲内にあっても、病院によってフィラリアの注射料金が違ってきますね。これ以外に診察料(初診料、再診料)や消費税も加算されます。もしあなたが愛犬のフィラリア予防を注射でしたいとお考えなら、フィラリア注射を実施しているのか、値段はいくらなのか動物病院に問い合わせるかホームページでお調べになられるといいでしょう。

 

 


TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ