錠剤タイプのフィラリア予防薬「ミルベマイシン錠」と「モキシデック」

錠剤タイプのフィラリア薬を口にしてくれないのは薬が苦いから?

 

錠剤タイプのフィラリア薬で、味が付いていないものだと口にした時に薬の苦味や風味がダイレクトに伝わってしまい、愛犬が嫌がって飲んでくれない場合が多々あります。このタイプの薬は飲み残ししないよう、注意しておく必要があります。

 

初めて見るものに警戒してしまう神経質な子には、錠剤を小さく砕いてフードやおやつに混ぜて与えることをお勧めします。薬を食べないまま残してしまったり、別の場所に隠してしまうこともあるので、極力飲み込むまで見届けてあげましょう。

 

 

ミルベマイシン錠

 

ミルベマイシン錠

 

ミルベマイシンオキシムという成分で、フィラリアの予防はもちろん、愛犬に寄生して下痢や貧血を引き起こす回虫鉤虫鞭虫も、退治できます。

 

 

 

 

 

 

モキシデック

 

モキシデクチンが効果を発揮しフィラリアを予防することができます。錠剤・注射がありますが、錠剤は比較的副作用が少ないとされています。2014年、理由は明かされていませんが、ほとんどのサイズで長期間、メーカー欠品となっているようです。

 

 

フィラリア予防薬(錠剤)の1ヶ月あたりの参考価格

ミルベマイシン錠 ・小型犬:600円〜1,000円 ・大型犬:700円〜3,200円
モキシデック ・2014年から長期メーカー欠品中

動物病院のホームページに出されているデータを参考に作成したので実際の価格とは異なる場合があります。動物病院毎にこれらの薬の値段は違ってくるので、この数値は「大まかに傾向をつかむ」ための参考程度にしてくださいね。

 

 


TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ