カルドメック ジェネリック薬

キォフハートってどんな薬?

キウォフハート小型犬用 キウォフハート中型犬用 キウォフハート大型犬用

 

 

キウォフハート:KIWOF HARTはサヴァ・ヴェット:SAVA VET社のフィラリア予防薬で、つい最近(2014.03.19)に販売開始されたばかりの新製品です。サヴァ・ヴェット社は「フィプロフォートプラス」というフロントラインプラスのジェネリックも出しています。フィプロフォートプラスは、ノミとマダニの駆除と予防ができるノミマダニ薬の中で最も安いノミダニ薬ですが、この度新たに販売されたキウォフハートもダイロハートに次ぐ安さとなっています。

 

 

キウォフハートはカルドメック(別名:ハートガードプラス)のジェネリックなので、有効成分もカルドメックと同じくイベルメクチンとピランテル(パモ酸ピランテル)です。もちろん、有効成分の含有量も同じく同量です。また、駆虫できる寄生虫はフィラリア(犬糸状虫)、回虫、鉤虫とこれもカルドメックと同じですね。味は犬の嗜好性の高いミート味ですから、薬が苦手な子でも、美味しく食べてもらうことができますよ。

 

 

キウォフハート以外にも、カルドメックのジェネリックには「ストロングハート」や「ダイロハート」、「ハートプロテクトプラス」、「バジルガードプラス」の5種類があります。それぞれに特長がありますが、キウォフハートの特長は効き目の早さです。キウォフハートを犬に服用させると、投薬して30分以内に効果が出始めるスピードが売りとなってます。

 

 

即効性が売りでもあるのは、これもまた新しく販売された(2014年3月当時)ノミとマダニの薬の「フロントラインゴールド」(※2016年3月20日現在、フロントラインゴールドは販売されておりません。)と同じですね。

 

 

サヴァ・ヴェット社はジェネリック薬の製造販売する会社なので、先に記載したストロングハートやキウォフハート以外にも、アトピカのジェネリック薬「アイチュミューン」や、非ステロイド系抗炎症薬、リマダイルのジェネリック「カロダイル」などなど、多様な動物用後発医薬品があります。

 

 

キウォフハート小型犬用

キウォフハートはとても安価なカルドメックのジェネリック薬

 

適用体重 : 11kg以下
成分 : イベルメクチン 68mcg、ピランテル 57mg
内容量 : 6錠
価格 : 2,522円

 

 

キウォフハート中型犬用

キウォフハートはとても安価なカルドメックのジェネリック薬

 

適用体重 : 12kg - 22kg
成分 : イベルメクチン 136mcg,、パモ酸ピランテル 114mg
内容量 : 6錠
価格 : 2,718円

 

 

キウォフハート大型犬用

キウォフハートはとても安価なカルドメックのジェネリック薬

 

適用体重 : 23kg - 45kg
成分 : イベルメクチン 272mcg,、パモ酸ピランテル 227mg
内容量 : 6錠
価格 : 2,913円

 

 


TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ