フィラリア予防薬 成分

フィラリア予防薬の種類とその成分

 

成分も体質との相性あり!フィラリア予防薬を薬の成分で選ぶなら

 

フィラリア予防薬で使われている寄生虫に効く有効成分は商品によって異なり、寄生虫に対する作業機序も違います。それぞれのフィラリア予防薬の有効成分についての説明は、各フィラリア予防薬をご覧ください。

 

 

アドボケート インターセプター

 

アドボケート

 

Imidacloprid (イミダクロプリド)

Moxidectin (モキシデクチン)

 

 

イミダクロプリド;Imidacloprid

ニコチン様物質で、昆虫に選択的に毒性を発揮し、神経を興奮させ続けることで昆虫を死に至らしめる作用がある。

 

モキシデクチン;Moxidectin

マクロライド系抗菌薬に分類されているフィラリア幼虫駆虫薬で、線虫類の神経系に作用することによる駆虫効果がある。

 

 

 

Milbemycin (ミルベマイシン)

Praziquantel (プラジカンテル)

 

 

ミルベマイシン;Milbemycin

フィラリア(犬糸状虫)や犬の消化管内線虫に対して強い駆虫作用がある。

 

プラジカンテル;Praziquantel

吸虫類に有効な駆虫薬。

カルドメック ストロングハート

カルドメック

Ivermectin (イベルメクチン)

Pyrantel (ピランテル)

 

 

イベルメクチン;Ivermectin
マクロライド類に属する腸管糞線虫症の駆虫薬の1つで、疥癬や毛包虫症(アカラス)の治療薬としても使われているが、吸虫や条虫(サナダムシ)には無効となっている。

 

ピランテル;Pyrantel
犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫などに効果があるとされている。

 

ストロングハート

         

Ivermectin (イベルメクチン)

Pyrantel (ピランテル)

 

 

イベルメクチン;Ivermectin
マクロライド類に属する腸管糞線虫症の駆虫薬の1つで、疥癬や毛包虫症(アカラス)の治療薬としても使われているが、吸虫や条虫(サナダムシ)には無効となっている。

 

ピランテル;Pyrantel
犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫などに効果があるとされている。

ダイロハート ミルベマイシンA錠

 

 

ダイロハート

 

Ivermectin (イベルメクチン)

Pyrantel (ピランテル)

 

 

イベルメクチン;Ivermectin
マクロライド類に属する腸管糞線虫症の駆虫薬の1つで、疥癬や毛包虫症(アカラス)の治療薬としても使われているが、吸虫や条虫(サナダムシ)には無効となっている。

 

ピランテル;Pyrantel
犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫などに効果があるとされている。

 

ダイロハートチュアブル

 

 

Milbemycin Oxim (ミルベマイシンオキシム) 

 

 

ミルベマイシンオキシム;Milbemycin Oxim

マクロライド系の駆虫剤に属する成分で、ミクロフィラリアや消化管内寄生虫(回虫、鞭虫、鉤虫)の神経細胞や筋細胞における神経伝達作用に障害を引き起こし、弛緩麻痺を生じさせることで殺虫作用を示す。

 

プロハート

レボリューション

 

プロハート 

 

Moxidectin (モキシデクチン)

 

 

モキシデクチン;Moxidectin

マクロライド系抗菌薬に分類され、フィラリア幼虫の駆虫薬として犬糸状虫症の予防に使われている。

レボリューション 

Selamectin (セラメクチン)

 

 

セラメクチン;Selamectin

レボリューションの駆虫効果は多岐にわたる。セラメクチンが経皮投与された後、全身に分布することによって各寄生虫がそれぞれの寄生場所でセラメクチンと接触することよって駆虫される。

 

ノミ(成虫):主に吸血による血中セラメクチンの摂取毛包・皮脂腺に分布するセラメクチンとの接触
フィラリア幼虫(L3〜L4):組織中および血管内で、セラメクチンと接触
回虫(成虫):腸管内で、糞中排泄されたセラメクチンと接触
ミミヒゼンダニ:耳道の皮膚組織内で、滲出液中セラメクチンと接触

 

キウォフハート パノラミス

 

 

 

Ivermectin BP (イベルメクチン)

Pyrantel Pamoate USP (パモ酸ピランテル)

 

 

イベルメクチン;Ivermectin
マクロライド類に属する腸管糞線虫症の駆虫薬の1つで、疥癬や毛包虫症(アカラス)の治療薬としても使われているが、吸虫や条虫(サナダムシ)には無効となっている。
ピランテル;Pyrantel
犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫などに効果があるとされている。

 

 

Milbemycin Oxim (ミルベマイシンオキシム)

Spinosad (スピノサド)

 

 

ミルベマイシンオキシム;Milbemycin Oxim

マクロライド系の駆虫剤に属する成分で、ミクロフィラリアや消化管内寄生虫(回虫、鞭虫、鉤虫)の神経細胞や筋細胞における神経伝達作用に障害を引き起こし、弛緩麻痺を生じさせることで殺虫作用を示す。

 

スピノサド;Spinosad

スピノサドはマクロライド系に区分される物質で、ノミやマダニ等に高い効果を示す。

 

コンフォティスプラス ストロングホールド

 

コンフォティスプラス 

 

Spinosad (スピノサド)

Milbemycin Oxim (ミルベマイシンオキシム)

 

 

スピノサド;Spinosad
スピノサドはマクロライド系に区分される物質で、ノミやマダニ等に高い効果を示す。

 

ミルベマイシンオキシム;Milbemycin Oxim
マクロライド系の駆虫剤に属する成分で、ミクロフィラリアや消化管内寄生虫(回虫、鞭虫、鉤虫)の神経細胞や筋細胞における神経伝達作用に障害を引き起こし、弛緩麻痺を生じさせることで殺虫作用を示す。

 

 

ストロングホールド

 

 

Selamectin (セラメクチン)

 

 

セラメクチン;Selamectin

レボリューションの駆虫効果は多岐にわたる。セラメクチンが経皮投与された後、全身に分布することによって各寄生虫がそれぞれの寄生場所でセラメクチンと接触することよって駆虫される。

 

ノミ(成虫):主に吸血による血中セラメクチンの摂取毛包・皮脂腺に分布するセラメクチンとの接触
フィラリア幼虫(L3〜L4):組織中および血管内で、セラメクチンと接触
回虫(成虫):腸管内で、糞中排泄されたセラメクチンと接触
ミミヒゼンダニ:耳道の皮膚組織内で、滲出液中セラメクチンと接触

 

ネクスガードスペクトラ ハートプロテクトプラス

 

ネクスガードスペクトラ 

 

Afoxolaner(アフォキソラネル)

Milbemycin Oxim (ミルベマイシンオキシム)

 

 

アフォキソラネル;Afoxolaner

アフォキソラネルはネクスガードのために作られたイソオキサゾリン系の化合物で、節足動物にしか作用しない。

 

ミルベマイシンオキシム;Milbemycin Oxim
マクロライド系の駆虫剤に属する成分で、ミクロフィラリアや消化管内寄生虫(回虫、鞭虫、鉤虫)の神経細胞や筋細胞における神経伝達作用に障害を引き起こし、弛緩麻痺を生じさせることで殺虫作用を示す。

 

 

ハートプロテクトプラス

 

 

Ivermectin (イベルメクチン)

Pyrantel (ピランテル)

 

 

イベルメクチン;Ivermectin
マクロライド類に属する腸管糞線虫症の駆虫薬の1つで、疥癬や毛包虫症(アカラス)の治療薬としても使われているが、吸虫や条虫(サナダムシ)には無効となっている。

 

ピランテル;Pyrantel
犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫などに効果があるとされている。
バジルガードプラス ブロードライン

 

バジルガードプラス 

 

 

Ivermectin (イベルメクチン)

Pyrantel (ピランテル)

 

 

イベルメクチン;Ivermectin
マクロライド類に属する腸管糞線虫症の駆虫薬の1つで、疥癬や毛包虫症(アカラス)の治療薬としても使われているが、吸虫や条虫(サナダムシ)には無効となっている。

 

ピランテル;Pyrantel
犬回虫、犬小回虫、犬鉤虫、胃蠕虫などに効果があるとされている。

 

 

Fipronil (フィプロニル)

S-Methoprene (S-メトプレン)

Praziquantel (プラジクアンテル)

Eprinomectin (エプリノメクチン)

 

 

フィプロニル;Fipronil
フェニルピラゾール系の殺虫剤であり、その作用機構は抑制性神 経伝達物質であるGABA(γ-アミノ 酪酸)に作用し、神経伝達を阻害することで あると考えられる。

 

(S)-メトプレン;S-Methoprene
昆虫幼若ホルモン類似薬のひとつ。幼虫に作用するとその変態を阻害する。

 

プラジクアンテル;Praziquantel
吸虫駆除剤のひとつ。

 

エプリノメクチン;Eprinomectin
エプリノメクチンの作用機序は完全には解明されていないが、アベルメクチン系化合物に共通する作用機序を有すると考え られている。アベルメクチン系化合物は寄生虫の筋肉細胞及び神経細胞に存在するグルタミン 酸開口型塩素イオンチャネルに選択的に高い親和性をもって結合する。結合により塩素イオン の膜透過性が増加し、筋肉細胞及び神経細胞に過分極を生じることにより、寄生虫の麻痺によ る駆虫作用をもたらす。

 


TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ