ノミダニ薬 食べるタイプ

コンフォティスプラスってどんな薬?

コンフォティスプラス超小型犬用 コンフォティスプラス小型犬用 コンフォティスプラス中型犬用 コンフォティスプラス大型犬用 コンフォティスプラス超大型犬用

 

 

コンフォティスプラスはパノラミスと同じく、世界的な製薬企業であるイーライリリー社:Eli Lillyの一部門として設立されたエランコ:Elancoのフィラリア予防薬です。コンフォティスプラスとパノラミス、駆虫対象となる寄生虫が全く同じでフィラリア、ノミ、マダニ、消化管内寄生虫(犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫)なんですよね。

 

 

同社が名前を変えてフィラリア薬を販売しているようにも思えますが、先に世に出たのはパノラミスです。実はですね、コンフォティスプラスはコンフォティスという名の服用タイプのノミマダニ薬にミルベマイシンオキシムが加わったものなんです。

コンフォティス」 = スピノサド
「コンフォティスプラス」 = 「コンフォティス」 + ミルベマイシンオキシム
パノラミス」 = スピノサド + ミルベマイシンオキシム

 

つまり、コンフォティスプラス = パノラミスと言えます。

 

駆虫成分がスピノサドのみであったコンフォティスミルベマイシンオキシムがプラスされたことで、線虫類(犬糸状虫、回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除もできるようにしてできたのが、コンフォティスプラスなんです。

 

 

スピノサド:Spinosadは化学的に合成された物質ではありません。イーライリリーが発見した天然物で、抗生物質を生産する菌が多い放線菌の中のSaccharopolyspora spinosa(土壌放線菌)の発酵で生産されるマクロライド系に区分される抗生物質で、昆虫類やダニ類などの節足動物の神経系に作用することで、ノミやマダニを駆除してくれます。

 

 

ある意味コンフォティスプラスやパノラミスは服用させるタイプのノミダニ薬ともいえますよね。これらを犬に飲ませることで薬効成分が体内に吸収され、全身の脂肪組織に成分が移行します。スピノサドは哺乳類の神経系には作用しないのですが、何も起こらないとは限りません。基準量は、体重 1kgあたりスピノサド 30mg、ミルベマイシンオキシム 0.5mgです。14週齢未満の子犬や体重が 2.3kg未満の犬には投与してはいけません。

 

 

コンフォティスプラス超小型犬用

コンフォティスプラスは食べるタイプのノミダニ薬でフィラリア予防もできる

 

適用体重 : 2.3kg-4.5kg未満
成分 : スピノサド 140mg、 ミルベマイシンオキシム 2.3mg
内容量 : 6錠
価格 : 10,636円

 

 

コンフォティスプラス小型犬用

コンフォティスプラスは食べるタイプのノミダニ薬でフィラリア予防もできる

 

適用体重 : 4.5kg-9.0kg未満
成分 : スピノサド 270mg、 ミルベマイシンオキシム 4.5mg
内容量 : 6錠
価格 : 11,515円

 

 

コンフォティスプラス中型犬用

コンフォティスプラスは食べるタイプのノミダニ薬でフィラリア予防もできる

 

適用体重 : 9.0kg-18.0kg未満
成分 : スピノサド 560mg、 ミルベマイシンオキシム 9.3mg
内容量 : 6錠
価格 : 12,102円

 

 

コンフォティスプラス大型犬用

コンフォティスプラスは食べるタイプのノミダニ薬でフィラリア予防もできる

 

適用体重 : 18.0kg-27.0kg未満
成分 : スピノサド 810mg、 ミルベマイシンオキシム 13.5mg
内容量 : 6錠
価格 : 12,688円

 

 

コンフォティスプラス超大型犬用

コンフォティスプラスは食べるタイプのノミダニ薬でフィラリア予防もできる

 

適用体重 : 27.0kg-54.0kg未満
成分 : スピノサド 1,620mg、 ミルベマイシンオキシム 27mg
内容量 : 6錠
価格 : 13,568円

 

 


TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ