うちの子薬が苦手なんです!フィラリア予防薬を投与方法で選ぶ

チュアブル・錠剤タイプとスポットタイプのフィラリア予防薬

 

フィラリア予防薬を投与する方法には、注射、経口投与、経皮投与があります。ここでは、経口投与と経皮投与するフィラリア予防薬について簡単に書きます。薬を食べさせる・服用させる投与方法を経口投与と言い、薬の形状としては、錠剤タイプとチュアブルタイプがあります。顆粒状のものもありますが、このサイトで紹介している中にはありませんので割愛しますね。

 

錠剤タイプ

 

キウォフハート

コンフォティスプラス
ダイロハート
バジルガードプラス
パノラミス
プロハート
ミルベマイシンA錠

 

チュアブルタイプ

 

インターセプタ―
カルドメック

ストロングハート
ダイロハート
ネクスガードスペクトラ
ハートプロテクトプラス

 

 

経皮投与するフィラリア薬は薬剤を体に滴下して、皮膚から吸収させるものです。ノミやマダニを駆除する薬を投与する方法と同じですね。ブロードラインはスポットタイプのフィラリア薬としては珍しい、シリンジ型の容器となってます。注射を打つ時のような感じで中の溶液を皮膚に付けます。

 

スポットタイプ

 

アドボケート

ストロングホールド
ブロードライン
レボリューション

 

 

フィラリア予防薬を剤形別に分けてみましたが、それぞれに下記のようなメリットデメリットがあります。

 

フィラリア予防薬の剤形毎の長所と短所

剤 形

長 所

短 所

チュアブル

・おやつ感覚で食べてくれる

・鶏・豚・牛などアレルギーに注意

・冷蔵保存が望ましい

錠 剤

・小さくフード・おやつに混ぜやすい

・常温保管

・神経質な子に向いていない

スポットタイプ

(滴下タイプ)

・飲み薬が嫌いな子に ・効果は同等でも、飲み薬より不安を感じる飼い主さんも

TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ