レボリューションとアドボケートは何が違う

レボリューションとアドボケートを比べてみると

 

レボリューションとアドボケートを並べてみると、違いが何なのかわかりやすくていいですね。アドボケートの方が優れているようにも思えます。なんてったって、やはり駆虫できる寄生虫の数が多いですからね。それにアドボケートの猫用はフェレットにも使えるとのことですから。もしかしたらですが、レボリューションは主だった線虫類の名前を載せているだけで、実は他の線虫類も駆除できるのかもしれません。憶測ですが。

 

 

比較内容

レボリューション;revolution

アドボケート;advocate

メーカー

ゾエティス

バイエル

内容量

3本/箱

※ストロングホールドは

6本/箱入りとなってます。

 

3本/箱

投与方法

皮膚への薬液滴下による経皮投与

皮膚への薬液滴下による経皮投与

成分

Selamectin

(セラメクチン)

Imidacloprid

(イミダクロプリド)

Moxidectin

(モキシデクチン)

成分濃度(薬液1ml中)

 

犬用

  セラメクチン120r

 

 

子犬子猫用

猫用

  セラメクチン60r

 

犬用

  イミダクロプリド100r

  モキシデクチン25r

 

猫用

  イミダクロプリド100r

  モキシデクチン10r

 

駆虫できる寄生虫

フィラリア

ノミ

回虫

鉤虫

耳ダニ(ミミヒゼンダニ)

フィラリア

ノミ

回虫

鉤虫

鞭虫

肺虫

ニキビダニ(毛包虫)

耳ダニ(ミミヒゼンダニ)

ヒゼンダニ(疥癬)

犬用

 

生後6週齢以上から使用可能

 

子犬子猫用:体重2.5s以下
超小型犬用:体重2.6〜5kg
小型犬用:体重5〜10kg
中型犬用:体重10〜20kg
大型犬用:体重20〜40kg

生後7週齢以上から使用可能

 

子犬・超小型犬用:体重4kg未満
小型犬用:体重4〜10kg
中型犬用:体重10〜25kg
大型犬用:体重25〜50kg

猫用

 

生後8週齢以上から使用可能

 

子犬子猫用:体重2.5s以下
猫用:体重2.6〜7.5kg

生後9週齢以上から使用可能

 

子猫・猫4kg未満用
猫4kg以上用

副作用

報告あり

動物用医薬品データベース

報告なし

動物用医薬品データベース

注意事項

適用した部分の毛が少し固くなったり、色が落ちたりするようなことがまれにあります。

妊娠中・授乳期の母犬および母猫への投与はお控えください。

その他 ヨーロッパで販売されているEU版のレボリューション(別名ストロングホールド)があります。

猫用アドボケートは体重0.8kg以上のフェレットに投与できます

 

購入先

動物病院

通販(個人輸入)

動物病院

通販(個人輸入)

価格

価格の比較のページを見る

価格の比較のページを見る

 

関連ページ

レボリューションとアドボケート販売価格の比較
ヨーロッパ市場版のレボリューションであるストロングホールド(EU版レボリューション)も合わせて、レボリューションとアドボケートの販売価格を載せてみました。

TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ