猫 耳垢 多量

猫の耳に感染するミミヒゼンダニ(耳ダニ)

 

耳ヒゼンダニ 画像    猫 耳ダニ感染 画像

 

 

耳ダニは動物の耳の中に寄生するダニの一種です。耳ダニや耳疥癬(みみかいせん)とも呼ばれていますが、正しくはミミヒゼンダニです。耳ダニは非常に強い感染力を持っているので、猫を複数飼っている場合、1匹の猫に耳ダニが見つかれば、他のすべての猫も耳ダニに感染している可能性が高いといえます。特に子猫や子犬はこの耳ダニに感染しやすく、生後2〜3カ月の犬猫に最も寄生しやすいといわれています。

 

 

耳ダニに寄生されると耳垢が特徴的となり、黒くて固いワックスのような耳垢が耳の中にたまります。この耳垢を採取して虫めがねや顕微鏡で観察すると、ミミヒゼンダニが実際に動いているのが見えますが、卵の状態から成ダニになるまで3ヶ月程度かかりますので、耳ダニを耳垢の中から発見できないからといって、耳ダニに感染していないとは言い切れません。

 

 

感染すると激しいかゆみに襲われる為、猫は耳をかきむしったり、頭を振ったり傾けたりすることが多くなります。耳ダニの感染は早期発見が大事です。耳の中が黒くなっていないか猫の耳の中を調べたり、猫が耳をしきりに掻いていないか、また、よく頭を振っていないか猫の様子を気にしてあげてくださいね。

 

 

猫の耳ダニ予防薬・治療薬

 

猫の耳ダニ予防薬「レボリューション」

 

レボリューションは猫の耳ダニ予防と駆除する動物用医薬品ですが、耳ダニ以外にも猫に感染するノミの駆除回虫駆除フィラリアの予防もしてくれる簡単で便利な薬です。猫を飼っているとノミに悩まされがちですが、ノミの成虫だけでなく、ノミの卵や幼虫にも効果を発揮してくれるので、ノミの再寄生をも予防してくれますよ。

 

 

レボリューション猫用

レボリューション子猫用

 

レボリューション猫用

 

 

対象 : 生後8週齢〜、体重2.6kg〜7.5kg

 

内容量 : 0.75ml×3本

 

有効成分 : セラメクチン 60mg/ml

 

 

「レボリューション 猫用」を購入する

 

 

レボリューション子猫用

 

 

対象 : 生後6週齢〜、体重2.5kg以下

 

内容量 : 0.25ml×3本

 

有効成分 : セラメクチン 60mg/ml

 

 

「レボリューション 子猫用」を購入する

 

 

 

レボリューションの使い方

 

 

猫の耳ダニを予防してくれるレボリューションは、猫の体に薬液を滴下するタイプの経皮薬です。薬液がピペット型の容器に入ってますので、下記の手順でご使用ください。レボリューションは猫の体重や年齢によって、使用する薬液量が異なって来ますので、レボリューションを使う前に猫の体重を量っておくと良いでしょう。

 

 

 

猫用レボリューション 使い方 レボリューション 6% 猫 レボリューション 効果 レボリューション 仔猫用

 

Step 1

レボリューションをお使いになる前に、まずは猫ちゃんをお風呂に入れてきれいにしてあげてください。シャンプー嫌いの猫ちゃんや、お風呂に入れることのできない猫ちゃんは無理強いすることはありません。

 

Step 2

使用するレボリューションが猫ちゃんの体重に合ったものであるか確認してください。投与量が少ないと100%の効果を期待できないですし、投与量が多いと過剰投与となって猫ちゃんが体調を崩す恐れがあります。

 

Step 3

薬液が漏れ出ないよう丁寧にパッケージを開けて下さい。ピペット1本が1回分なので、全量を使用します。

 

Step 4

猫の首の後ろの毛を掻き分けて、薬液を皮膚の上に直接垂らして下さい。液を全量出し切るように、ピペットを親指で押し出して下さい。投与を終えた後は手をよく洗って下さい。レボリューションを投与して2日経ちましたら、シャンプーをしても問題はありません。

 

 

猫の耳のお手入れ用品・ケア用品を見てみる

 

関連ページ

猫の耳血腫
耳介がなんらかの原因で内出血を起こし、その内部に血が貯まり膨れあがってしまっている状態を耳血腫といいます。耳が立っていても垂れていても耳血腫になります。耳血腫となる大半の原因は耳の病気です。
猫の外耳炎
外耳炎という言葉はとてもアバウトな病名だと思いませんか?ここでは外耳に生じた皮膚炎であるとお考え下さい。外耳炎になると、猫は耳を痒がって後ろ足でしきりに掻いたり、耳をどこかへ擦りつけたり、頭を振ったりします。見た目にも耳の状態は悪く、汚くて耳垢が溜まっているのがはっきりとわかります。外耳炎は耳ダニやマラセチアの感染以外に、猫の耳掃除のやり過ぎでもなってしまうんですよ。
猫の中耳炎・内耳炎
猫の中耳炎と内耳炎は、炎症が耳の奥にまで及ぶことで起こります。原因の大半が外耳炎です。それ以外には、細菌感染が耳管を経由することによって起こります。
猫の耳の腫瘍
猫の場合、扁平上皮癌は顔面の組織に多発する傾向があります。耳介、耳道、内耳、眼瞼、眼球、鼻梁、鼻腔、口腔、咽頭、舌など顔面の重要な組織すべてに発生する可能性があります。
猫の耳の外傷
猫が耳に傷を負う原因の多くは猫同士の喧嘩です。見た目にもわかる怪我ならいいのですが、負傷部位が毛に隠れて見えないこともよくあるので、外へ遊びに出かける猫ちゃんは特に受傷していないか気にかけてあげる必要があります。
 
TOP 猫の耳掃除 猫の耳ケア用品 しぐさで診る猫の耳の異常 猫の耳の病気