猫 呼びかけ 無反応

猫の音に対する反応が悪い・聞こえていない

 

猫が呼びかけに応じない

 

「猫の音に対する反応が悪い・鈍い」

 

「音が聞こえていなさそう」

 

「猫が呼びかけに反応しない」

 

 

猫の音に対する反応が悪いときは、中耳炎や内耳炎、難聴が原因と考えられます。

 

中耳炎、内耳炎

難聴

 

 

難聴

 

猫が難聴になる原因は様々で、音が脳に伝わるまでの器官のどこかに異常をきたしてしまうことで難聴にになってしまいます。先天的な難聴の原因として耳道の奇形や異常があり、青色の目をした白色の毛色をした猫に遺伝的に多く見られます

 

後天的な難聴の原因としては、加齢、ポリープと言われる隆起性病変が耳道に形成されることによる閉塞、種々な理由による鼓膜の破れ耳小骨の異常があります。また、中耳に液体が貯留することで難聴になることもあります。

 

 

関連ページ

しきりに耳を掻く・耳の後ろを掻き過ぎる
猫が耳を掻くしぐさが頻繁に見られるときは、耳ダニの感染や耳血腫、外耳炎を疑ってください。
しきりに頭を振る・頭を傾ける
猫がしきりに頭を傾けたり振ったりするような行動を取る時は、耳ダニ感染や耳血腫、外耳炎、中耳炎、耳の中への異物混入が疑われます。
耳垢が多い・耳の穴が詰まっている
猫の耳垢が多い、耳垢で耳の穴が塞がりそうだ、とにかく耳垢の量が半端でないというようなときは、耳ダニの感染や外耳炎が疑われます。
耳が赤く腫れている・肥厚している
猫の耳介が赤く腫れていたり肥厚している時は、外耳炎や耳血腫である可能性が高いです。
耳の皮膚が荒れている
猫の耳や頭部にフケや痂皮、脱毛が見られるなど、皮膚の荒れが見られるときはツメダニ症や日光皮膚炎、毛包虫、疥癬、白癬が原因かもしれません。
耳先が変色している
猫の耳は、通常なら薄いピンク色をしていますが、それ以外の色を呈しているなら、腫瘍の形成や凍傷など病気を疑いましょう。
耳の中から耳だれ・液体が出る
猫に耳だれが見られるときは、外耳炎や中耳炎、内耳炎に罹っている可能性があります。
耳から出血している
猫の耳介からの出血は、猫同士の喧嘩による受傷や、腫瘍の自潰が疑われます。
耳が臭い・臭う
猫の耳が異様に臭い、悪臭がする、変な臭いがするってときは、外耳炎や中耳炎、耳ダニの感染を疑ってください。
 
TOP 猫の耳掃除 猫の耳ケア用品 しぐさで診る猫の耳の異常 猫の耳の病気