家庭犬 トレーナー 選ぶポイント

「自分の考え方や相性が合う」トレーナーを選ぶのが一番大切

 

 

「飼い犬を訓練所に預けたのに、家族のいうことは全然きかないのよね」

 

「高いお金を払ってトレーナーを雇ったのに、犬がちっとも好くなってない」

 

「ちゃんと躾してくれたのかなぁ、前と全然変わってないよ」

 

と嘆く飼い主さんは少なくありません。なぜでしょうか。家族と離れ、緊張や不安を抱えながら自分の家と全く異なる環境下で数か月もの間過ごし、寂しい思いの中知らない人から毎日規則正しいトレーニングをされていた犬からすれば、自宅は天国です。家族は自分を認め甘えさせてくれる存在なのです。

 

 

厳しさのない緩い環境に戻ったなら、犬がコマンドに従わないのは当たり前ともいえませんか?人任せの訓練だと飼い主自身が犬の扱いを知らないので、同じ動作を求めるコマンドを出したとしても、トレーナーと飼い主さんとではタイミング、言い方、雰囲気が全然違ってきます。愛犬を預けているなら可能な限り訓練所に通い、トレーナーさんがどのように犬を訓練しているか、トレーナーさんの一挙手一投足を見学なさるといいですよ。

 

 

知り合いの獣医師に、訓練所・トレーナーについて聞いてみました。

 

犬を訓練所に預けても変わらない!家庭犬のトレーナー選びのポイント

 

 

「僕の個人的な意見としては、愛犬だけを預けて訓練してもらうというよりは、飼い主さんも一緒に訓練を受けることをお勧めしたいです。訓練所に預ければ、たしかに訓練士さんの言うことを聞くようになります。

 

でも、家に戻れば飼い主さんの指示は聞かず、結局は元に戻ることが多いらしいのです。ですので、しつけ教室や出張トレーナーなどで飼い主さんの接し方など全般を客観的に見てもらい、一緒に訓練を進めてもらうと良いでしょう。」

 


 

愛犬をトレーニングしてもらいつつ、飼い主さんが自分でトレーニングできるよう、犬との付き合い方・接し方・扱い方を教えてくれる訓練所・トレーナーを探すのが賢明という獣医師の見解ですが、どのように見つければ良いのでしょうか。

 

 

大切なのは、飼い主さんと相性が良く、しつけの考え方・やり方が自分に合ったトレーナーさんを探すことです。トレーナーさんの教える内容がどんなに高度で良いものであっても、飼い主さんにとって難しければトレーニングの成果が出にくくなるでしょうし、受けるトレーニングも苦痛となります。そのため、飼い主さんが納得できるトレーナーさんを探す必要があります。

 

 

先ずできることはインターネット検索です。自分で通えそうな場所を探し、ホームページがあればトレーナーさんの考え方やトレーニング方法の記載に目を通します。良さそうに思っても文面だけで判断せず、無料体験の教室があれば試しに行ってみるといいでしょう。そして、実際にトレーナーさんとお話ししたり、愛犬をみてもらうといいでしょう。

 

 

知人やネットでの口コミを参考にするのも一つの手ですが、やはり一番大事なのは自分との相性です。他の人が良かったと思っても、自分と合うとは限りませんからね。

 

 

関連ページ

究極の手段
「犬が凶暴で、他の人だけでなく飼い主にさえ噛んでしまう」「犬の本気噛みが直らない」「成犬になったからもう噛みつきは矯正できない」「いっそのこと、犬を保険所に連れて行こう」犬を保健所に連れて行き、処分してしまおうと考えるほど、飼い犬の噛みつきに悩まされている飼い主さんがいます。
犬の性格や問題行動に合ったしつけ方を選ぶ
犬の噛み付きなどの問題行動を改善するしつけ方はいろいろありますよね。でも、いざトレーニングするとなると、どのしつけ方が自分の愛犬に合っているのかわかりません。それに、犬のしつけ方を教わるトレーナーや訓練士の考え方があなたの考えと合っていないと、教わっていても苦痛です。