クロミカルム 犬

クロミプラミン塩酸塩を成分とする「クロミカルム」と「クロフラニル」

 

 

クロミカルム錠 5r 20r

 

 

犬 抗うつ剤

 

クロミカルムはノバルティス社(Novartis)が開発した分離不安症の治療補助薬です。

 

 

ノバルティスといえば、この他にもフィラリア予防薬のインターセプターチュアブル、犬のアトピー性皮膚炎の治療に使われる免疫抑制剤のアトピカ心不全や腎不全の治療薬のフォルテコールといった、名だたる動物用医薬品がありますよね。

 

 

犬や猫の分離不安症を治療する薬として使われているクロミカルムの有効成分は塩酸クロミプラミンで、(三環系)抗うつ剤の作用とセロトニンの再吸収を阻害する作用の両方を併せ持つとされています。

 

 

セロトニンは脳の興奮を抑える脳内物質ですが、セロトニン濃度が下がってしまうと脳の興奮状態が続いてしまいます。分離不安症の動物は脳内でのセロトニンの作用が弱い傾向にあると言われているので、クロミカルムを投与することによってセロトニンの再吸収が抑制されてセロトニンの作用が高まり、その結果不安状態が和らぐとされています。

 

 

クロミカルムを使用した薬物療法では、犬と猫とでは必要とする主成分塩酸クロミプラミンの必要量が異なります。また、同じ動物種であっても体重によって投薬する量が違ってくるので、飼われているペットの種類や体重に応じたクロミカルムを選択してください。

 

 

下に載せているのはクロミカルム 5rとクロミカルム 20rの2種類です。体重のある中型犬や大型犬だと、飲ませる薬の数や体重あたりに必要なクロミプラミン塩酸塩の量が多いので、「1箱に入っている錠剤数が少ない」、「1錠当たりのクロミプラミン塩酸塩の含有量が少ないから、飲ませる錠剤の数が多くなる」ため購入するクロミカルムの数が多くなってしまいます。

 

 

体重に比例して薬の量も多くなるのは中型犬・大型犬の飼い主さんの悩みの種で、我が子のためと思えど金銭的な負担を少なくしたいのが本音でもあります。この場合、クロミカルムと同じクロミプラミン塩酸塩を成分とする、「クロフラニル」というアナフラニールのジェネリック薬がおすすめです。50rと 25rがあり、どちらも 100錠入り/箱なので何度も複数買う必要がありません。

 

アナフラニール ジェネリック

 

クロミカルム 5r

 

クロミカルム 5r

商品名 : クロミカルム(Clomicalm) 5mg

 

内容量 : 30錠

 

主成分 : クロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochloride) 5mg

 

メーカー : 旧ノバルティス(Novartis) 現エランコ(Elanco)

 

価格(※) : 3,381円/1箱、 6,230円/2箱、 9,078円/3箱

 

(※) US$を日本円に換算しているので、価格が若干変動する場合があります。

クロミカルム 猫用

 

クロミカルム 20r

 

クロミカルム 20r

商品名 : クロミカルム(Clomicalm) 20r

 

内容量 : 30錠

 

主成分 : クロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochloride) 20r

 

メーカー : 旧ノバルティス(Novartis) 現エランコ(Elanco)

 

価格(※) : 3,493円/1箱、 6,453円/2箱、 9,413円/3箱

 

(※) US$を日本円に換算しているので、価格が若干変動する場合があります。

クロミカルム 犬用

 

クロフラニル 25mg

 

アナフラニールのジェネリック薬

商品名 : クロフラニル(Clofranil) 25r

 

内容量 : 100錠

 

主成分 : クロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochloride) 25r

 

メーカー : サンファーマラボラトリーズ(Sun Pharma Laboratories Ltd)

 

価格(※) : 3,146円/1箱、 5,165円/2箱

 

(※) US$を日本円に換算しているので、価格が若干変動する場合があります。

クロフラニル 25mg

 

クロフラニル 50mg

 

アナフラニール ジェネリック 50r

商品名 : クロフラニル(Clofranil) 50r

 

内容量 : 100錠

 

主成分 : クロミプラミン塩酸塩(Clomipramine Hydrochloride) 50r

 

メーカー : サンファーマラボラトリーズ(Sun Pharma Laboratories Ltd)

 

価格(※) : 3,726円/1箱、 6,292円/2箱

 

(※) US$を日本円に換算しているので、価格が若干変動する場合があります。

クロフラニル 50mg

 

スポンサードリンク

関連ページ

犬と猫の分離不安症治療薬クロミカルムは行動療法と併用するのがベスト
分離不安症の犬や猫は、飼い主さんが留守で不在中の不安感や、自分だけ置いて行かれた孤独感によって生じるストレスから、家具などを破壊する、過剰なまでの吠え・鳴くを続ける、ところかまわず排便・排尿をするなどの問題行動を起こします。飼い主さんも一緒に行う「行動療法」と、クロミプラミンを成分とするクロミカルムなどの動物用抗うつ剤を用いた「薬物療法」の併用で、犬と猫の分離不安症をより早く効果的に治療することが可能と言われています。
分離不安症の犬や猫へのクロミカルムの投与量
クロミカルムは犬や猫の行動療法の補助薬として投薬しますが、飲ませる時は決められた用法と用量を守ってくださいね。犬と猫では一日に飲ませるクロミカルムの回数や体重あたりに必要な成分(クロミプラミン塩酸塩)量が違ってきます。クロミカルムと一緒に食餌を少し食べさせてあげると、嘔吐の副作用を予防することができますよ。
分離不安の犬や猫に見られるクロミカルムの副作用はどんな症状?
犬と猫の分離不安症を改善・治療するクロミカルム(主成分:クロミプラミン塩酸塩)ですが、適切な量を飲ませても副作用が見られることがあります。クロミカルムの副作用には嘔吐や下痢などがありますが、これ以外にも投与する際に注意しておくべき点について知っておく必要があります。
クロミカルムで分離不安が改善されたうちの子(犬・猫)の問題行動
留守中に悪さする犬、神経過敏で他の猫に喧嘩を売る猫、分離不安でおかしな行動をとる犬、夜鳴きがひどいオス猫など、飼い犬飼い猫の問題行動に悩まされている飼い主さんはたくさんいます。クロミカルムは動物用抗うつ剤で、犬猫の分離不安を改善する薬です。クロミカルムで改善された犬と猫の問題行動を飼い主さんの声で紹介します。
分離不安の猫の症状を軽減・予防してくれる猫用のサプリメント
マイペースで好き勝手に行動するイメージの強い猫ですが、猫にも分離不安はあります。病的なくらいかまってちゃんで飼い主さんが大好き、家の中にいるとストーカーのごとく付きまとう。これは分離不安症の症状なのか、それとも只の甘えん坊なのか。分離不安症の治療薬を飲ませるのに不安がおありでしたら、先ずはサプリメントで様子を見てはいかがでしょう?サプリですが分離不安の症状を予防したり、猫の精神的な負担を軽くしてくれます。